小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
岡田尚子の記事一覧
アレンジどら焼きを作ってみませんか?開催報告です。

アレンジどら焼きを作ってみませんか?開催報告です。

食と美のライターNAOKOです。どら焼きのプロジェクトが始まります。キックオフイベントとして、どら焼きをアレンジして食べる会が開催されましたよ! 私がどら焼きの皮を120枚焼いて、アレンジメニューもいろいろご用意しました。どら焼きって、通常は餡子と皮だけですが、今回はフルーツやソースをたくさんご用意して、未知との遭遇を...
和菓子の原材料は生産地とともにある未来~白小豆を自社生産される 株式会社 虎屋

和菓子の原材料は生産地とともにある未来~白小豆を自社生産される 株式会社 虎屋

白小豆に、和菓子と農業は試されている。 そう感じずにはいられない白小豆を取り巻く難しい現状を、自社で白小豆を契約生産されている和菓子の老舗虎屋様でお話を伺ってきました。 まず、白小豆とは、和菓子の白あんなどに使われ、生産量が限られている希少原材料です。 虎屋では、生菓子や白あんのお汁粉には100%の原材料として、また手...
azukiイベント開催報告 身体を冷やさない生活で妊活 楽な子育て

azukiイベント開催報告 身体を冷やさない生活で妊活 楽な子育て

  美と食のライター岡田尚子です。 azuki主催「身体を冷やさない生活で妊活楽な子育て」が、開催されました。寒い冬の時期は特に、女性は冷えが気になります。 妊活、妊娠中の方はもちろん、体を温める方法を知っておくと様々なトラブルを予防できます。 こちらのイベントでは、助産師の小柴 和子さんに女性が妊娠、出産、...
小豆のニョッキ かぼちゃと人参のソース

小豆のニョッキ かぼちゃと人参のソース

美と食のライター岡田尚子です。 冬至に食べれば、風邪知らずと言われているかぼちゃ。 小豆といっしょに煮るいとこ煮は、マクロビでは腎を整えるとされています。 いつものいとこ煮とは少し気分を変えて、すいとんのような小豆のニョッキを かぼちゃ・にんじんを素揚げしたソースで頂くのはいかがでしょうか? シナモンとクルミが意外と合...
出雲へ~小豆ミニサミットに参加しました~

出雲へ~小豆ミニサミットに参加しました~

美と食のライターの岡田尚子です。 10月31日は、出雲ぜんざいの日です。 2018年10月31日のこの日、出雲市内で行われた小豆ミニサミットにおいて、 あずき編集部長和田美香が基調講演を行いました。 私、岡田は夜行バスで出雲に行ったのですが、明け方の宍道湖は澄んだ空気の中に静かに広がっていて、出雲に来たことを実感しまし...
発酵小豆でやわらか鶏もも肉のオーブン焼き

発酵小豆でやわらか鶏もも肉のオーブン焼き

美と食のライター岡田尚子です。 小豆を麹で発酵させた発酵小豆を前回ご紹介しました。 ゆで小豆に麹を加えて発酵させると甘い発酵小豆になります。 発酵小豆のレシピはこちらです。 この発酵小豆でマリネした鶏肉はやわらかく味がしっかりしみ込んで、また砂糖やみりんを使うことなく、ほんのり甘味がつきます。 パンにはさんでサンドイッ...
小豆玄米がゆ 

小豆玄米がゆ 

美と食のライター岡田尚子です。 お赤飯はめでたい席に、おかゆは体調がすぐれないときに、 それぞれ食べる機会があっても、小豆粥となると、なかなかありません。 ましてや玄米で、となるとなおさら、遠のきますね。 古来から日本では、15日に小豆粥を食べる風習がありました。 食べたいと思ったときに、簡単につくれるようなレシピです...
スーパーフード小豆がハイパー進化をする?発酵小豆のお話

スーパーフード小豆がハイパー進化をする?発酵小豆のお話

美と食のライター岡田尚子です。 赤い小豆はやはりスーパーフードで、しかもハイパー進化をするというお話を伺ってきました。 小豆生産農家の森田農場 専務取締役 森田里絵さんが 「第3回 ウエルネスフードジャパン(あぐりフォーラム)」で登壇されました。 食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展示会が東京ビッグサイトで開催され、...
小豆の生産地十勝の「森田農場」さんでちょっとだけお手伝いしてきました

小豆の生産地十勝の「森田農場」さんでちょっとだけお手伝いしてきました

美と食のライター岡田尚子です。 このazukiサイトでお世話になっている森田農場さんにちょっとだけ お邪魔して、お手伝いしてきました。 滞在時間約4時間でしたが、小豆の畑と小豆を育む空気に触れられて とってもハッピーな旅でした。 札幌から車で約2時間半、今回はazukiのメンバー以外にも総勢15人でお邪魔しました。 ワ...
韓国の小豆菓子を訪ねて

韓国の小豆菓子を訪ねて

美と食のライター岡田尚子です。 東アジアでは日常にも食べられている小豆なのですが、 国によってどんなお菓子になのでしょう? お隣、韓国に小豆のお菓子を食べに行ってきました! 韓国の友人に案内していただきました。 こちらは益善洞(イッソンドン)。 伝統的な韓屋をリノベーションして、 ブティックやカフェのおしゃれな 街並み...
Return Top