に投稿

世界の小豆食べ比べイベント開催報告

たくさんの種類の茹で小豆をめし上がっていただく。

世界の小豆食べ比べイベントは、おかげさまで38名様にお越しいただき、参加者さん同志のお話しでとても盛り上がった中、無事終えることができました。

 

参加してとてもよかった、と、帰り際にお声をかけてくださる方が多かったこのイベントの成功要因を振り返り、また、今後につなげたいことを整理しておきます。

茹で小豆と、加糖小豆と、そして生豆と。

 

よかったこと

 

成功要因は3つの大切なことが揃ったからだと考えました。

 

一つめ 条件を揃えて小豆を調理できたこと

 

小豆を扱う難しさ熟知しておられる方がおそろいいただいたゆえに、条件を揃えて小豆を茹で、砂糖を加えてまぜるところまでも一定条件というなかでできたものを、食べ比べるという環境にとても喜んでいただけたということです。

 

具体的には、シャープのヘルシオホットクックという電気無水調理鍋を7台同時に運用できる環境下で準備を行いました。

普通なら、小豆の種類や季節にあわせて、小豆の個性をひきだすために職人さんがつきっきりで炊く餡ですが、今回は小豆の個性を引き出すことは脇に置き、温度と時間とかきまぜ方もすべて条件をそろえてくれる自動調理器具をつかって、茹で小豆と、加糖した餡をつくりました。

 

鍋を同時に7個揃えてガスで炊く場をみつけることができたとしても、1人の人間が7つの鍋を同時に同じ様に面倒をみることができません。なので、「条件をそろえて準備する」というのは、電気自動調理鍋を使えたからと考えています。

 

二つめ 生産者、実需者、消費者の3者が、小豆を囲んで集えたこと

 

和菓子屋さんや、職人さん、和菓子研究家さんといった実需者さんだけでなく、各地からの生産者さんもお集まりいただき、そのうえ小豆に高い関心を寄せていただいている一般消費者として、たとえばフランスから来られた留学生さん、記者さん、お医者さん、発酵研究家さん、中国茶研究家さん、通訳さん、フランス出店のカフェ経営者さんなど、各分野のプロフェッショナルな方も参加いただき、「わたしたちの小豆と、小豆のある生活をみんなで今後もっと盛り上げていこう」という雰囲気が、会場いっぱいに満ちていました。

 

互いに初対面の方が多くお集まりだったのにもかかわらず、ご参加者様同士のシナジーが、あちらこちらで生まれる集まりになっていたのも、お越しいただいた皆さまに感謝です。

食べ比べクイズのあとは、自由におはなしいただいていました。

三つめ 沢山の小豆の産地にご協力いただけたこと

 

今回は、7つの小豆生産地域のみなさまにご協力いただけました。

  • 京都産    京都大納言
  • 北海道十勝産 きたのおとめ
  • 北海道十勝産 えりもしょうず
  • 島根産    出雲大納言
  • 北海道十勝産 きたろまん
  • カナダ産   えりも種小豆
  • 中国産    天津小豆

 

生産者としては実はこのイベントは怖かったと、きたろまんを提供くださった、森田農場さんがイベント後におっしゃっていました。

大事に育てた子どものような小豆が、みなさんになんて言われるのだろうかと。

 

でも、実際、蓋をあけてみると、「ひいきの小豆があるのに、ブラインドテイストでは、わからなかった!」「難しい!」「ショック!」とおっしゃる声があちらこちらから。

 

食べ比べでは、産地名や、小豆の種類を最初はお伝えせず、7種類のゆで小豆と加糖小豆を食べ比べ、産地あてクイズに答えていただきました。

1時間あまりの間、みなさまとっても真剣に、40名様ちかくもおられるのに、シーンとした雰囲気で、世界の小豆食べ比べに取り組んでいただいていました。

 

食べ比べと、クイズの答え合わせがおわってから、参加者様にコメントを一言づついたたく時間があったなかで、こんな声をいただきました。

 

「節目節目に食べる馴染みの菓子の味と、自分の体感の味を、思いだしながらたべたが、小豆の味にこれほどひろがりがあるのをいままで考えたことがなかった。」

 

「ブランドにまどわされず、自分の味覚だけで小豆の味を味わえた時間が、よかった。」

 

「どれがいい、わるいではなく、うまみや、しぶみ、水気が、みんな違うのを初めてしった。この小豆は水羊羹があうなとか、この小豆はきんつばがあうなという考えが浮かんできた。」

 

「甘いものの展開だけでなく、甘くないゆでもおいしいとおもったので、甘くない小豆の展開も今後ひろまったらいい。」

 

「育った土の味がきっと、それぞれの味になっているのだと思うと、それぞれの産地の個性を大事にしたい。」

 

「日ごろ、たくさんの種類をそろえて食べ比べする機会がないので、とても貴重な体験だった」

 

日本各地には、在来種がたくさんありますし、また、世界でも小豆をつくっておられる産地があちこちにあります。

次は、また違った食べ比べもさらにご用意できたらいいなと考えております。

テーブルを5周以上している方もおられました。

 

次につなげたいこと

2つのことを、課題にあげます。

課題1

小豆の産地ブランド化は誰の役にたつのか、どんなメリットがあると伝えるのかということについて、対話を重ねる。

 

イベント開催案内でこんな風にお伝えしていました。

世界に「Azuki=小豆」の輪を広げていきたい!

そのためには、「小豆」にも、ワインのように微妙な味や香り、舌触りを表現して評価する試みが必要です。」

 

ワインやコーヒー、紅茶、オリーブオイルなどのように、産地や品種によって違う個性を楽しむ楽しみ方を小豆にも取り入れたいと考えています。

 

この「産地ごとの小豆の個性を味わう」ことを目指す活動は、小豆の美味しさに目覚める一般消費者を増やすことにはダイレクトに役立つものの、実需家のみなさまが現段階で抱えておられる経営課題の解決について、また違ったアプローチと連携が必要なのかとも考えさせられました。

 

3方よしを叶える活動に発展させていきたいです。

一緒に対話を勧めていただける方と、またお話しを深めていきたいです。

 

課題2

消費者がわかりやすく、生産者も、実需者も納得する小豆の味の評価方法を探す。

 

今回は、(株)A-netファーム十勝 専務取締役 森田里絵さんのご提案で、米の評価軸を、食べ比べクイズにとりいれています。

 

生産者、実需者、消費者に加え、販売者、卸など流通に携わる方もあわせて、小豆がもっと身近になる、小豆をもっと食べたいと思っていただけるような、「価格・ブランド」以外の軸を設定できるようにするには、どんな評価軸や評価項目をもうければいいのか、さらに模索してゆくことも、課題としてかかげたいです。

 

次回の小豆の食べ比べ会も、どうぞお楽しみに!

7月6日(土)のイベントに、お忙しいなかかけつけていただいたご参加のみなさま、場を一緒につくっていただけありがとうございました。

 

Special Thanks

★大事な子どものような小豆を提供いただきイベントにご協力くださった産地のみなさまに、厚く御礼を申し上げます。

京都府亀岡市 農事組合法人河原林のみなさま  http://www.noujikumiaikawarabayashi.or.jp/

島根県           宍道湖西岸地区農村整備推進協議会、島根県東部農林振興センター、JAしまね出雲地区本部のみなさま

北海道十勝 株式会社A-netファーム十勝 森田農場のみなさま https://www.azukilife.com/

北海道十勝 JA十勝清水町のみなさま

 

京都大納言のパンフレット

 

に投稿

京都大納言は、最先端の工夫がつまった小豆って知ってましたか?

京都駅から嵯峨野線に乗り、保津峡を渡ってトンネルを抜けると、目の前が開けます。

亀岡盆地をかこむ山並みをデザインした新しい駅舎

亀岡駅までおよそ20分。

ここは、京都府中部の亀岡盆地。
下流に保津峡をもつ大堰(おおい)川左岸流域のここは、京都大納言の一大生産地になっています。

京菓子といえば、京都大納言です。
日本三大和菓子どころの中でも、京都は、もっとも和菓子店が多い地域です。
その京都の和菓子店の、京都らしい和菓子を支えるのが、京都大納言の生産地、亀岡です。

今日お伝えする京都大納言のキーワードは、「枠にとらわれない」です。

伝統と文化が守られているその裏側で、農業の業界最先端の様々な工夫が日々行われていることを知ったら、あなたもきっと、京都の印象が、農業の印象が変わります。

伝統が守られているから、菓子文化や大納言の生産が残り続けているのではありません。
新しいことをより早く取り入れるから、業界のなかで成長しつづけ、だから、いまもずっと伝統が守られるというポジションが維持されるわけです。

ビジネスでもそうですね。
現状維持は、死を招くだけということを、歴史はおしえてくれます。

京都大納言の生産の工夫の数々から、「小さくても一歩進みつづける」ことの大切さをわが身にふりかえってみませんか。

お話しくださったのは、京都大納言の大規模生産をてがけておられる、農事組合法人 河原林 代表理事 加藤 邦廣様です。

畑のひろがりが一望できる高台からみた亀岡盆地。

亀岡と京都大納言のかかわり

亀岡は、丹波の南に位置します。
京都大納言は、昔からここ、丹波で作られていました。
しかし、小豆のさやが熟れたものから順に手で収穫するという従来の収穫方法では、増え続ける京都の和菓子需要に応じることができずにいました。

需要があるのに、応えることができない。
京都の菓子を支える大納言小豆を、需要に応える規模でつくっていこうではないか。
そうすることで、郷の農業も、京都とともに発展する道をあるこうじゃないか。

亀岡盆地の営農家があつまり、平成18年から、京都大納言の生産を増やす試みが始まりました。
5年あまりの試行錯誤を経て、平成23年、国家プロジェクトによる圃場整備も終わり、本格的な京都大納言の大規模生産がはじまりました。

熟れたさやのなかの京都大納言あずき。

 

小豆栽培の工夫

 

京都大納言の収穫量を増やすさまざまな工夫のなかで、特筆すべき点を3つご紹介しましょう。

一つ目は、北海道でつかわれているような、大型コンバインの導入です。
冷暖房完備のコンバインの導入により、単位面積あたりの収穫の生産性をあげることができます。

ピカピカに磨かれ大事にされてる高級車のようでした。

二つ目は、大型コンバイン導入のための、生産方法の変更でした。
たとえば、種の撒き方、撒く時期、雑草を取る方法や時期など。
目的としては、適した時期にコンバインで一斉に刈り取るために、さかのぼって一斉に種を植える必要があり、そして、一斉に雑草を取る方法や時期が必用だったからです。
そのため、従来、この地域で行われてきた小豆の生産方法とはがらっと大きく変える必要がありました。
しかもこの新しい生産方法は、毎年、すこしづつ変更が加えられ、ブラッシュアップされています。
作業量を減らしながら、いかに生産量を増やすかという方法を、毎年毎年ずっと模索しつづけておられる点は、仕事をする者としての鑑のように筆者には感じられました。
たとえば、畝のあいだを狭くしてみたり。
たとえば、畑ごとの統計を取って、生産量があがる輪作の組み方を変えたりすることで、より生産効率をあげるなどです。

三つ目は、まるで精密機械の工場内部のように、常に、乾燥や選別をする作業場の整理整頓 が保たれ、機械の整備がされているということです。
小豆や作物を大切にする気持ちが、生まれるのがわかります。
作業場をみて、ああ、大事に育てられた小豆たちが、大切に出荷されてゆくんだなと実感できるほどの美しい場所でした。

サヤから出した京都大納言。

郷と小豆を守るため

 

種を撒く方法ひとつ、雑草をふせぐ方法ひとつ、細かな試行錯誤がつみかさなってきたことをお話しくださった加藤さんに、なぜ、ここまでするのか、をお聞きしてみました。

郷での仕事を、次世代にも、その次の世代にも、積極的に選択してもらえる仕事にしていきたいからと、お話しくださりました。

農業は、泥でよごれて汚いとか、休みも取れずにしんどいとか、せやのに儲からんとかいうのではだめ。
ちゃんと儲かって、ほかの仕事についた同郷の仲間と同じように休みも取れる、そういう姿を次世代に見せていかないといけない。
儲かる仕事にしないと、自分たちの後、続けてもらえない。
もし、次世代が後に続いてくれなかったら、米や小豆を誰がつくるのか。
郷を、誰が守るのか。
だから、わたしたちは、未来にむかってやらなければならないことを今やっているのです。
そんなふうに、お話しくださりました。

河原林をはじめ、亀岡盆地の営農家さんたちは、未来の京都、未来の日本を見据えて、京都大納言づくりに取り組んでおられるのを、お話しをお聞きして初めて知りました。

食べてしまえばただ「美味しいね。京都大納言は、やっぱり粒が大きいね」というだけにおわっています。

わたしたちの口に入る前の段階で、工夫が積み重なっているからこそ、京都大納言を食べられるということも思い浮かべながら食べると、京菓子のありがたさも、ますます増しますね。

加藤さんは、「わたしたちの京都大納言は皮が柔らかいと言ってもらえるんです」って嬉しそうにお話しいただいてました。

ぜひあなたも、京都大納言飲の菓子をみつけたら、艶と大きさと、そして皮の柔らかさを感じてみてください。

京菓子を支える京都大納言小豆の生産地の取り組みを聞くと、最先端の工夫が活きる仕事は、IT の世界だけ、金融の世界だけじゃないんだ。
いかに私たちの生活が未来にむかって、子や孫も含めてよくなるか、それを模索し大小さまざまな行動と工夫をつみかさね続けることを一人一人考えることが必要だということを教えてくれます。

未来をよりよくするための工夫が、小豆でも実現されています。
小豆や和菓子って、ただ伝統というだけでなく、未来をつくる食べ物とおもって食べる楽しみがまた増えました。

河原林の加藤さん、お話しありがとうございました。

農事組合法人 河原林 代表理事 加藤 邦廣様

農事組合法人 河原林
事務所所在地 京都府亀岡市河原林河尻高野垣内49番地
電話 0771-56-8510
http://www.noujikumiaikawarabayashi.or.jp/

に投稿

小倉大納言を里帰りさせた井筒ッ八橋本舗の心意気から学ぶ

ナチュラル・スマートに生きる女性のための小豆物語をお届けする、azuki magazine。

テレビドラマで、バリバリのキャリアウーマンの主人公が、歴史好きの女子という設定で、どうして歴史が好きなのかと問われたとき、こう答えていました。
「歴史に没頭していると、自分はなんてちっぽけな存在なんだと思えてくるから、また元気が出てくる」と。
自分を歴史のなかに置いてみる。
そこから出てきた想いを、未来へ進む糧にする。
そんな進み方が、歴史と付き合うときに生まれてくる。

今回は、小豆と和菓子の歴史を、現代に里帰りさせ、地元地域とともに小豆を未来へつなぐ活動をひろげておられる井筒八ッ橋本舗さんに、お話しをお聞きしてきました。

老舗は創業が古いから老舗なのではなく、いつも、だれよりも歴史のながれの中で今を俯瞰的にみつめ、そして未来も見据えているから老舗でありつづけるのだと感じました。

人生も、今も過去もまるごとうけいれて、未来へとすすむ糧にする、そんな未来志向の歴史とのつきあい方を、井筒八ッ橋本舗のお話からみつけてみませんか。

小倉山のふもとの小倉大納言の畑で、お話しをしてくださったのは、株式会社井筒ッ八橋本舗 外商部 部長 津田 陽輔様です。

小倉大納言の葉、大きかったです。

 

「井筒八ッ橋本舗さんが、京都の在来種である小倉大納言を、現代に再び復興されたと伺いました。詳しい経緯について教えてください。」

昭和23年ごろに、6代目の津田佐兵衞が、京都の和菓子を、地域と共にさらに盛り上げたいと考え、歴史をひもといたのがきっかけでした。

小倉餡は、もともとこの地に住んでいた、和三郎という菓子職人が、809年に空海の持ち帰った小豆の種子を栽培し、そこに御所から下賜された砂糖加え、煮詰めて餡をつくり、これを毎年御所に献上したものから広まったという伝承があります。
和三郎の努力で、小豆が洛西を中心にひろく栽培され、江戸時代には茶道菓子や、ハレの日の料理にも用いられるようになっていました。

つまり、この口伝では、小豆に砂糖を加えてつくる小倉餡づくりは、和三郎が、初めて、小倉山のふもとでおこなったことから広まったということになっています。

小倉山のふもとの二尊院さん。

わたしたちは、この餡が生まれた歴史を紐解くだけでなく、さらに、栽培が途絶えていた、和三郎が広めたという小倉大納言の栽培を、地元の協力をえて復活する活動もしてまいりました。
京都で生まれ育った小豆をつかった菓子を、京都の人にももっと知っていただいて、地元とともに、地元生まれの小豆である小倉大納言を広げていこうという取り組みです。

わたくしどもは、創業が1805年です。

和三郎が砂糖を小豆に加えて餡をつくったという、菓子の原点ともいえる伝承が、この小倉山のふもとにあったこと、そして小倉大納言がこの地の由来の小豆であること。この2つを、より多くの人に知っていただきたいと考え、わたくしどもが創業200年を迎えた2005年に、小倉山のふもとの二尊院さんに顕彰碑を建てさせていただき、小倉餡発祥地の顕彰式を毎年3月に開かせてもらっています。

二尊院の敷地内にある、「小倉餡発祥之地」をつたえる顕彰碑

 

「どうして、そのような、歴史をひもとく活動されているのでしょうか」

菓子は、人と人との縁をつなぐもの、人と人とのあいだで話に花を咲かせるものとしてあるのが、本来の姿です。

京都は観光地で、土産物屋としてのわたくしどもは、京都を訪れてくださる方が求めるものをつくってゆく使命ももっております。

京都が、これからもたくさんの方に来ていただいて、よかったな、美味しかったなといっていただくには、古くからの京都の良いところを生かすだけでなく、未来に向かっても、地元とともに京都をよりもりあげる活動もしてゆきたい。

そのために、土産物屋であり菓子屋であるわたしたちができることは、やはり、菓子から京都をもりあげることと考え、小倉山のふもとから生まれた和菓子の原点の伝承と、地元生まれの小豆に想いをたくしたのです。

そして、和菓子の原点である小豆とともに、和菓子そのものも盛り上げたいと考えたからです。

 

小倉大納言の大きさが伝わります。

「歴史をひもとく中で、ご苦労された点はどんなところでしたか」

品種の選定や種豆をどう増やすかなどの技術的なことも大きかったです。

1番大きかったのは、歴史もあり景観も守らなければならない地域とどう連携し、地域の皆さんと共に手を携えて地元ブランドを里帰りさせるかということに時間がかかったようです。
京都在来種の小倉大納言を、この景観地である小倉山のふもとでどう栽培していくかということの調整が大きかったと聞いています。

そんな課題をのりこえ、小倉大納言をつくるという活動は、いまでは、小倉山のふもとでわたしたちが手掛ける以外でも、地域の人の手によっても育てられるようになり、また、いまでは、亀岡でも栽培をしてくださる農家さんができ、収穫量も増えました。

小倉大納言の畑の前にかかげられた「復元栽培」の案内

おかげで、小倉大納言を使った菓子づくりのために必要な収穫量を確保することがいまでは可能になりました。

 

「小倉大納言の味の特徴はどんなものですか」

香りがしっかりしています。
また粒が大きく、小豆らしい、食べ応えがある、とも言われます。つぶし餡にするのがもったいないぐらい、存在感があります。

 

「小倉大納言で、叶えたい未来はどんな世界ですか」

小倉大納言をつかった、「京小倉」という菓子のブランドを立ち上げています。

小倉大納言をつかった、「京小倉」ブランド菓子のひとつ。この最中を友人にお土産でもっていったら、マカロンと間違えるぐらいかわいい、と食べてくれました。

みなさんご存じのように、甘い豆を食べない文化圏からのお客様も京都は多いです。そんな方にも、「これなに? おいしいやん、なんていうの? へえー、小豆っていうの? そしたら、昔からある和菓子ってのも食べてみよかな」っていわれるような、和菓子の枠にとらわれない、おいしい菓子にもしていきたいなと考えています。

そのために、いろんな分野の専門家の方と組ませてもらって、技術やアイデアを、どんどん試して、世にだしてゆきます。

「京小倉」から、あずきやあんこを知っていただいたり、ルーツをたどる話しを知っていただいたりして、より、食べることの喜びと楽しみをよりひろげるストーリーをきっかけに、世界にも新しさ美味しさを伝えられたらと考えています。

 

津田様、貴重なお話しをありがとうございました。

 

1000年も以上前の人は、誰と一緒に、どんな風にこの小倉大納言の菓子を食べたんだろう。
そしてこれから先も続くだろう未来の中で、未来の人もきっと大切な誰かと一緒に食べるんだろうな。

今、わたしたちもそんな流れの中でにいることにふと思い至らせてくれる菓子。

だからこそ、いまこの時間を大切にしようという思いを、歴史から里帰りしてきた小倉大納言はもたらしてもくれるんだという風に感じました。

あなたは、歴史のつまった小倉大納言をどんな想いで食べますか。

 

株式会社井筒ッ八橋本舗様 紹介

文化二年(1805年)、初代津田佐兵衞が業を起こし、そこから井筒八ッ橋本舗の歴史がはじまる。
当時祇園の茶店で人気を博していた堅焼きせんべいが、箏曲の祖・八橋検校の遺徳を継承した琴姿の菓子「八ッ橋」で、これが「井筒八ッ橋」として今に受け継がれ、井筒八ッ橋本舗の原点となっている。
京都嵯峨発祥の「小倉餡」を「生八ッ橋」で包んだ小倉餡入り生八ッ橋「夕霧」を販売。
水上 勉の代表作である小説「五番町夕霧楼」の主人公、片桐夕子に因んだ叙情銘菓「夕子」も観光客に人気の商品。
小倉大納言の小豆の風味を楽しめる、小倉餡を使った小豆の原点を楽しめるブランド「京小倉」もリリース。

 

株式会社井筒ッ八橋本舗 連絡先

祇園本店 京都市東山区川端通四条上ル 北座ビル1F
電話番号 075-531-2121

http://yatsuhashi.co.jp/