小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

小豆スパイシービーフ

小豆スパイシービーフ

azuki magazine主催の小豆づくしランチ会にお出しした、新作小豆レシピのご紹介です。今日は第3弾。

メイン料理に、スパイシーな小豆料理をどうぞ。特に女性のお客様向けのおもてなし料理にも、喜ばれること請け合いです。

<材料>

牛肩ロースブロック 300g
煮あずき 150g
トマト缶( ホール)1 缶
チリパウダー 大さじ2
塩小さじ1
玉ねぎ 中1 こ
オリーブオイル
ローレル
水200cc

<つくり方>

⒈玉ねぎをスライスする。
⒉フライパンにオリーブオイルを熱して、玉ねぎを炒める。透明になって、
かさが1/3 ほどになったら、ボウルに取り出す。
⒊牛肉を塊のまま、塩コショウ( 分量外) して おきます。
⒋同じフライパンを熱して、3. を入れて両面を焼きます。
5. ホットクックに牛肉を塊のまま、2 とつぶした缶トマト、ローレル、チリパウダー、
水200g、塩を入れて、
手動
煮物モード、
かき混ぜなし、
25 分
でセットしてスイッチを入れます。
6. 出来上がったら、フタを開けてかき混ぜます。
小豆を足して、さらに5 分加熱します。
7. オリーブオイルを回しかけます。

<ポイント>

玉葱を炒める、牛肉に火を通す、そして他の材料とあわせる、それぞれの工程を、ひとつひとつ別々におこなうことで、牛肉のおいしさがひきたちます。

赤身の肉のほうがスパイシー料理には美味しいですね。煮崩れしないように、段階をおって料理しています。
三蜜をさけながら、家族や親しい人との会食を演出したい方むけに、出張料理承ります。N’sPartyまで。

ABOUT THE AUTHOR

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
Return Top