に投稿

女性に嬉しいあったか薬膳スイーツ。【焼き麩ぜんざい】【成城 あんや】

寒くなってくると、あったかい、ぜんざいが食べたくなります。

 

筆者は、以前からずっと、「草餅があるのに、なんで草餅ぜんざいって、どこにもないんだろう。鉄分補給とか、女性に嬉しいパワースイーツなのにー」とずっと探していました。

 

見つけましたよ!

 

成城にある「あんや」さんの、「焼き麩ぜんざい」。

あんこが大好きなわたしにぴったりで、大満足の味でした! あんとの相性が絶妙です。

 

焼かれた草餅麩が、ぜんざいの上にのせられ、茶房で供されています。

 

よもぎと、ぜんざいがくっついている菓子を見つけられたのが嬉しくて、いただいてきました。

 

草餅は、よもぎを使った薬膳スイーツ

 

草餅は、よもぎを使っていてます。

よもぎと、小豆とあわせた食べ物として、よもぎ餅や、草餅、草餅麩は、女性に嬉しい効能がつまっています。

 

たとえば、よもぎには、ほうれん草より多いビタミンAが含まれていて、また鉄分もレバーより多く含まれています。

これと、小豆の、ビタミンB1や、ポリフェノールとあわさると、美肌や、冷えとり、鉄分補給に、より嬉しい食べ物になります。

 

成城あんやさんの工夫

 

よもぎ麩を焼いたぜんざいは、めずらしいです。

 

成城あんやの開発ご担当者様 堀様に、どうして草餅麩とぜんざいがあわさったか、おききしてみました。

 

いろどりがよかったから、とのお話し。

 

たしかに、赤い器と緑の草餅の色あいが、見た目にもすごく特別感と、パワーをあたえてくれます。

 

そのうえ、白玉やお餅にくらべて弾力がある食べ応えになっています。

 

材料も、吟味された小麦グルテン、砂糖、もち粉だけが使われた麩で、餅焼き網でこんがり焼くと、小麦たんばくの風味が増し、生麩をつかった麩饅頭とはちがったあんとの相性が楽しめることを狙ったのだそうです。

 

そのため、冬はもちろんのこと、夏でも人気のメニューにランクインしているのだとか。

 

麩は、餅よりも、焼き網にくっつくのがやっかいだけれど、思いのほかお客様から好評をいただいる声にこたえようと、厨房スタッフも一生懸命に焼いてくださっているとのこと。

 

茶房で、焼き麩ぜんざいを注文したら、ちょっぴり待ちます。

 

でも、その間に、こんがりいい香りのよもぎをいいあんばいに焼いてくださっていると思うと、待つ時間もごちそうになりますね。

 

ちょっと元気になりたいなあ、パワーが欲しいなあとおもったら、女性に嬉しいあったか薬膳スイーツを、どうぞ。

 

【成城 あんや ご紹介】

成城 あんや

157-0066 東京都世田谷区成城6-5-27

電 話 03-3483-5537

小田急線成城学園前駅 北口または西口より徒歩1分

http://www.seijoanya.com/access.html

 

に投稿

失敗しない基本のあんこづくり

小豆を煮る時に失敗しないコツをお伝えする記事のアクセス数が多いです。

https://www.azuki.tokyo/top3_how_to_best_cook/

ということで、失敗しない基本のあんこレシピを、あらためてご紹介します。

餡づくりで失敗しないポイントは、3つ。

(1)小豆を煮る前に、一晩、水につけない。事前浸水なく、すぐに煮はじめる。
(2)豆を煮はじめる時は、お湯に投入する。(水ではなく、お湯というところがポイント)。
(2)砂糖をいれるときは、小豆がやわらかく煮えてから。(最初から砂糖と小豆を一緒に煮ない)

 

<材料>

これで出来上がり300gのあんこができます
小豆 1カップ(200ccカップで1杯)(約150g)
お湯 600ml
砂糖 お好みで 80g~300g

 

<手順>

パート1 煮小豆を最初につくります。

砂糖を入れない煮小豆をつくる段階です。

(1)小豆1カップ(200cc,約150g)を、こすり合わせるようにしてしっかり洗います。
(2)鍋に3カップ(600cc)の水を入れ、お湯を沸かします。
(3)沸騰する手前ぐらいで小豆をいれる。フタをして中火で約40分。圧力鍋なら7分。
(4)一度上下を軽く混ぜて、カップ1杯のびっくり水を足します。
(5)もう一度5分~10分ほどにて、柔らかくなったらざるに開けます。

これで約350gの「ゆであずき」ができあがります。
パート2のあんこにするもよし、ゆで小豆料理にしてもよし、です。

 

パート2 餡にします。

砂糖を入れて、練り上げ、あんこにする段階です。

(1)砂糖80gを鍋にいれ、煮汁カップ1/2を加え、強火で煮たたせます。
(2)砂糖が溶けてツヤが出たら、1でつくったゆであずき200gを加えて、中火~強火でゆっくりと練り上げます。(焦げないように、混ぜ、あんこがはねるので注意!)
(3)途中で塩を少々加え、味加減をみます。鍋底がみえるようになってきたら、早めに火からおろします。
(4)少し冷まして丸められるようになったらできあがりです。

これで、約300gのあんこができあがり。

 

記事提供 森田農場(株式会社A-netファーム十勝) 森田里絵様

森田農場の小豆のご購入はこちらから————————————————————–

■商品名 【北海道産小豆】晴れ晴れ小豆 600g
■単価  810円
■商品説明詳細
十勝の青空のもとで育った品種「きたろまん」です。皮の柔らかさが魅力。田舎じるこや小豆ご飯など、お気軽にお使いください。粒はやや小さめです。

【北海道産小豆】晴れ晴れ小豆 600g

■商品名 【北海道産小豆】晴れ晴れ小豆 5kg
■単価  4900円
【北海道産小豆】晴れ晴れ小豆 5Kg

 

この記事の内容を動画でもお伝えしています。

: https://www.azuki.tokyo/movie_how_to_cook_azuki/

に投稿

赤飯にくるまれたあん入りまんじゅう!埼玉県の郷土菓子「いがまんじゅう」

いがまんじゅう

いがまんじゅうは、埼玉県県北(鴻巣市・羽生市・加須市・久喜市あたり)で古くから親しまれている郷土菓子です。

一見赤飯おにぎりのようですが、赤飯の下はあん入りのまんじゅうです。
農林水産省選定の全国郷土菓子百選に選ばれ、祭りや祝い事の縁起物として地域に喜ばれています。

羽生市出身の友人に「是非食べてもらいたい」と以前から勧められていた いがまんじゅう。
まんじゅうも赤飯も大好物だけど、一緒に食べるとはどういうこと?
とても興味深いけれど、残念なことに現地へ出向かないと手に入らず、見送り状態となっていました。

ところが先日、思わぬところでそのチャンスが巡ってきました。

友人達とバスツアーで栃木県へ向かう途中、東北自動車道羽生PAで休憩をとることに。
友人がすぐに「売店にある」と検索してくれたので小走りに直行。
正午頃でしたが残り7個。手に入れられたのはラッキーでした。

 

羽生PA
東北自動車道 羽生PA(下り)Pasar

 

羽生PA売店
買い占め注意(笑)

 

いがまんちゃん
羽生市のゆるキャラ「いがまんちゃん」
頭の上にお赤飯がのってます

 

“いが”と名付けられたのは、「まぶした赤飯が栗のいがと似ているから」とのこと。
まんじゅうと赤飯をなぜ合体させたかについては、
もち米が貴重だったのでボリュームを出すため、農家のお嫁さんの手間を省くため、農作業の合間に一度で食べられるため、など諸説あるようです。
元々店の商品だったのではなく、農村の家庭で作られていたものだそうです。

いがまんじゅう

いがまんじゅう断面
びっくりなビジュアル

 

恐る恐る一口食べてみたところ、不思議なことに全く違和感がありません。
赤飯の粒や香りが口に残ることもなく、皮と一体化しています。
ふかふかの皮の中のあんは甘さ控えめ。
赤飯もあんも主張し過ぎず、少しずつの引き算がとてもよい塩梅(あんばい)です。

たしかにこれは、おにぎりに比べてもち米の量を抑えられ、ボリュームもあり、忙しい農家の方の手が省け、農作業の合間に簡単に食べられます。
合理性から生まれた穀倉地帯の郷土菓子。おもしろいですね。

友人によると、赤飯が多いもの・少ないもの、つぶあんのもの・こしあんのものなど、店により異なるとのこと。
食べ比べて好みのタイプを見つけるのも楽しそうです。

私が今回いただいたのは、赤飯少なめのつぶあんタイプ。
小麦粉は埼玉県産、もち米は羽生市産であることに地元愛を感じます。

いがまんじゅうを製造販売している店舗はいくつかあるようですが、
ここでは羽生PAで購入したものをご紹介するに留めます。
埼玉県県北方面を訪れる機会がありましたら、是非召し上がってみてください。
和菓子の世界が広がること間違いなしです。

 

【コスモス工房】
住       所:〒348-0011 埼玉県羽生市三田ヶ谷1725
電話番号:048-565-5434

執  筆  者:加藤三和子

に投稿

海外であんこを炊きたいひとに贈る、おすすめ調理家電

赤い自動調理なべホットクックはあんこが自動でつくれる調理機

2017年1月にパリであんこイベントをしたとき、ご参加の日本人の方とお話ししているとこんなお話しおききしました。

「日本ではあんこなんて炊きたいとおもわなかったけれど、日本を離れると無性に食べたくなったんです。日本から送ってもらった小豆を、自分で炊くんですけど、うまくいかず、どうやったらおいしいあんこが炊けるか知りたくてきました。」

しかも帰国後も、何人もの海外生活経験のある方から、「海外に住んでからあんこを炊きたくなったけど、うまくゆかない」というお話しを、その後何度もおききします。

食べたいときに、餡がすぐ手に入らないときは、自分で小豆から作るほかありません。
失敗せずに、あんこを自動でつくれる調理家電を最近みつけました。

シャープから出ている、ヘルシオホットクックという自動調理鍋です。

赤い自動調理なべホットクックはあんこが自動でつくれる調理機
赤い自動調理なべホットクックはあんこが自動でつくれる調理機

温度管理だけでなく、かき混ぜも自動でやってくれます。
海外で失敗せずにあんこを炊きたい方に、プレゼントしてあげるのにぴったりとおもったので、ご紹介します。

あんこづくりでどんな失敗するのか?

あんこを炊くときにどんな失敗をしてるのか?
あんこを炊くとき、何が嫌か?

こんな声があがっています。
・炊き上がったときに小豆の皮が固い
・砂糖を投入したあと、熱い煮汁が飛んでやけどした
・焦げた
・おいしくない

失敗には、いろんな原因が考えられます。
・豆の選び方
・砂糖の投入のタイミング
・火加減
などなど。

あんこづくりの失敗も自動調理の機械におまかせして解決

自動調理鍋ホットクックの登場で、あんこの失敗の原因を機械が解決してくれます。
放っておくだけで、自動で温度管理しながら、そして自動でかきまぜてくれるからです。

あんこは、「お菓子モード」の自動調理メニューが活躍します
あんこは、「お菓子モード」の自動調理メニューが活躍します

たとえば、小豆の皮が固いというお悩み。
原因は、たいてい砂糖の投入タイミングが難しいことからおこります。
それを、ホットクックを使用することで、砂糖投入のタイミングを機械が呼びかけて教えてくれ、皮がやわらかいあんこになります。

また、出来上がりが焦げたり、練っている間にやけどしたりするというお悩みも。
原因は、たいてい、砂糖投入後のかき混ぜが熱いことからおこります。
それを、ホットクックを使用することで、自動でかき混ぜる機能がついているため、放っておいて大丈夫。
途中で機械に呼ばれたら砂糖を投入するだけで、焦げずに、やけどもせずに、あんこが仕上がります。

その他に、あんこづくりでは、こんないいことも

それから、質問いただくなかですごく多い、「差し水」(びっくり水)も、そして渋抜きも、しなくていいのです。

どんな小豆をつかっているかによりますが、古い小豆をつかっていたり、外国産の小豆をつかっていたりすると、渋さを抜いたり、皮をやわらかくするために、途中で水をたしたり、ゆで汁をこぼして水を入れ替えたりする手間が必要とどのレシピにも書いてあります。

あんこにしたとき小豆の皮が固くておいしくない場合の原因は、差し水のタイミングや、渋抜きのタイミングの差から生じることもあります。

それぞれのタイミングをベストにもってゆくのは、なかなか豆に合わせてと言われても、餡職人さんの域に達するのは素人には難しいです。

ですが、ホットクックをつかってあんこをつくるときには、差し水も渋抜きも要りません。
水と小豆を鍋にセットして自動調理の番号を指定して、スタートボタンを押せば、3時間であんこがしあがります(途中2時間半で砂糖投入のコールが鳴ります)。

途中でかき混ぜる必要がない、鍋にずっとつきっきりでなくていい。

だから、初心者でも失敗なく、小豆からあんこを気軽に炊くことができます。

ホットクックでつくった餡。やわらかめに出来上がりました。
ホットクックでつくった餡。やわらかめに出来上がりました。

外国暮らしで、あんこが自由に手に入らないけど、あんこが食べたいと、そんなつぶやきをする方がいたら。

自動で失敗なくあんこが炊ける調理鍋 ホットクックをプレゼントしてさしあげてみてはいかがでしょうか。
きっと喜ばれます。

あんジャムが、自動でつくれるホットクックをとおして、海外でも広がるといいなあと

小豆を世界にひろげるプロジェクトの和田美香は、妄想しております(笑)。

参考 azuki magazinでも、あんこを失敗なく炊くにはという記事があります。
「小豆を煮るときの失敗原因トップ3とその対策」
https://www.azuki.tokyo/archives/673.html

あんバターだって、食べたいときに、できます!
あんバターだって、食べたいときに、できます!

 

 

追記
ホットクックはシヤープの製品です。

ヘルシオホットクックという名前です。

2つのサイズがあります。(2017/10/7現在)。

ホットクック 2.4L http://amzn.to/2yMtDus

ホットクック 1.6L http://amzn.to/2fZnwiJ