小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

最新記事

食べながらあんこの起源で話がはずむ 塩あん菓子 関東3選

食べながらあんこの起源で話がはずむ 塩あん菓子 関東3選

塩と小豆餡の組み合わせの、さっぱり味の餡菓子を選びたい時がある。   今日ご紹介するのは、しゃっきりしたいとき、素材の味にふれたいとき、歴史好きな友や知人と珍しい話題が欲しいときの、塩あん菓子をおすすめする。 関東で伝統の塩とあん...
健康のために野菜をたべる人にこそ使ってほしい肌のための小豆化粧品「肌野菜」

健康のために野菜をたべる人にこそ使ってほしい肌のための小豆化粧品「肌野菜」

今日は、保湿成分である十勝産「あずき種子エキス」配合のお肌に優しいフェイスウォッシュ(洗顔料)とクリームを、ご紹介をしたいと思います。   ご紹介する化粧品のコンセプトは「食べられるものを肌に使う」です。 いつも食べている食事のよ...
スーパーフード小豆がハイパー進化をする?発酵小豆のお話

スーパーフード小豆がハイパー進化をする?発酵小豆のお話

美と食のライター岡田尚子です。 赤い小豆はやはりスーパーフードで、しかもハイパー進化をするというお話を伺ってきました。 小豆生産農家の森田農場 専務取締役 森田里絵さんが 「第3回 ウエルネスフードジャパン(あぐりフォーラム)」で登壇されま...
和菓子屋さんの1日

和菓子屋さんの1日

ちいさいとき、パン屋さんや豆腐屋さんの一日って朝はやいお仕事なんだなあ、と絵本で読んだ記憶ありませんか。   和菓子屋さんも、朝早くから始まるお仕事です。 和菓子職人さんの1日を追った絵本作品があれば、子供にもより身近な食べ物にな...
砂糖がはいった餡は、太らない?!

砂糖がはいった餡は、太らない?!

ダイエットをしたり、血糖値の上下を気にするために、砂糖がはいっているあんこや和菓子を敬遠する人が増えてきているようです。 でも、そんな心配はもうおしまい。 小豆博士の加藤先生から、砂糖とくみあわさったあんこだからこそ、いいこともあるんだよ、...
小豆を食べると美容にいいわけ

小豆を食べると美容にいいわけ

健康にいいものは、美容にもいいと、なんとなくおもっています。 ポリフェノールや、デトックスと聞くだけで「よさそう」とおもってしまいますが、どう良いのか、なぜ良いのか、詳しく人に話せませんでした。 そこで、特に「美容」の面に絞って、「小豆を食...
力餅2

もち米100% 添加物なし。鎌倉老舗力餅家のあんこ餅「権五郎力餅」

多くの文化財や美しい景観で名高い鎌倉。 海も山も街も歴史的建造物も楽しめることで、通年賑わいが絶えないスポットです。 江ノ島電鉄長谷駅から徒歩約5分、必ずや足を止めて外観を見まわし 中を覗いてしまう店構え、そこが力餅家(ちからもちや)です。...
【動画】azukiイベントにおいでよ! (azuki magazine主催イベントの趣旨ご案内)

【動画】azukiイベントにおいでよ! (azuki magazine主催イベントの趣旨ご案内)

azuki magazine主催のイベントは、あなたに、毎日のなかの幸せ時間をお届けします。 動画はコチラから↓ ↓ ↓   azuki magazine主催のイベントにご参加いただくと、楽しい、美味しいだけでなく、こんないいこと...
【動画】失敗しない小豆の炊き方3つのポイント

【動画】失敗しない小豆の炊き方3つのポイント

失敗しないあんこの炊き方の記事の人気が高いので、動画にしました! あなたも、この動画をみたら、失敗なくあんこがつくれます! 動画はコチラ↓ ↓ ↓ 記事はコチラ 失敗しない基本のあんこづくり   動画撮影編集協力 あらいまりぞう
5本入 スポーツようかんカカオ

井村屋のゼロワンへの挑戦 その2 ~~~今までようかんを食べたことがない人にも提案する『スポーツようかん』編~~~

井村屋さんインタビューのつづきです。 井村屋のゼロワンへの挑戦 その1  今度は、スポーツようかんの開発担当 荻原さんに、ようかんで世界に挑戦するお話しをお聞きしました。 Q 私はサイクリングと水泳をやっているのですが、トライアスロンをやる...
Return Top