小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

健康・美容への活用法

Category
小豆の意外な薬効 沈静効果⁈

小豆の意外な薬効 沈静効果⁈

キレそうになったら「あずき」を 江戸時代に記された「本朝食鑑」(人見必大著)の中にはこう記されています。 小豆は、気分をおだやかにし、湿をとりのぞき、尿の出を良くし、腫れをひき、 一切の熱毒・風腫・腫れ物を取り去る。胞衣を下し乳の出を良くし、 瘟疫(3~4月に暴熱を発するもの)を避け、魚毒を解く。 昔は、小豆は気分を落...
小豆のおいしさを決めるもの

小豆のおいしさを決めるもの

舌ざわりと渋みが影響  ~香り、貯蔵条件や調理・加工方法によって風味も変わる~ 北海道立十勝農業試験場生産研究部主任技術研究員 加藤 淳 氏 でん粉質の豆類 ? 小豆は日本人になじみの深い食材で、古くから民間療法では薬として使われ、 今日では和菓子や赤飯などの原料として親しまれています。  小豆の主成分は炭水化物(約5...
小豆の栄養と機能性

小豆の栄養と機能性

小豆は、 1 低カロリーの食材です。   こしあんのカロリーは、ショートケーキの半分以下! 2 食物繊維が豊富です。   食物繊維は、腸内細菌のえさとなり、近年、問題とされる大腸ガンの予防にも効果があります。 3 ビタミンB群が豊富です。   炭水化物のエネルギー代謝、疲れを取り除きます。(ビタミンB1)   脂質の代...
あなたの若さを永遠に!?小豆でアンチエイジング

あなたの若さを永遠に!?小豆でアンチエイジング

小豆は小さな赤い豆ですが、若さを保つすごいパワーが秘められています。 若さを保つには、紫外線に当たらない、腸をきれいに保つ、保湿する、良質な睡眠を必要量取る等が あげられますが、なかなかたっぷりの睡眠などとれないのが現代人です。 紫外線に当たったり、喫煙したり、過度な飲酒をすると増えてくるのが 老化を早める活性酸素です...
Return Top