小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

アレンジレシピ

Category
イギリスのとっても甘いスイーツ「ファッジ」を和風にアレンジ

イギリスのとっても甘いスイーツ「ファッジ」を和風にアレンジ

知人のお家で食べたイギリスのお菓子FUDGE(ファッジ)が美味しくて、粒あんを使った 和風のファッジを作ってみました。 ファッジは見た目がキャラメルのようですがキャラメルとは異なります。 キャラメルのように歯にくっつく感じはなくホロっとした食感で、キャラメルみたいな 濃厚な味が口いっぱいに広がるお菓子です。 ファッジは...
超簡単に作れる「いちごとお豆腐の白玉ぜんざい」

超簡単に作れる「いちごとお豆腐の白玉ぜんざい」

突然ですが、皆さんの思い出のおやつは何でしょうか? 私は子供の頃、母が作るおやつの中で特に大好きなのがおぜんざいでした。その思い出の味は いまでも断トツ1位です。 母のおぜんざいは手作りの粒あんを使っていて、お鍋に小豆の粒がたっぷり沈むのをお玉で すくって何度もおかわりして、夕ご飯が食べられなくなるほど食べた記憶があり...
スコットランドの人たちにも食べてもらいたい「あずきのショートブレッド」

スコットランドの人たちにも食べてもらいたい「あずきのショートブレッド」

ショートブレッドという焼き菓子をご存じでしょうか? スコットランドで中世から食べられているというショートブレッド。 長方形、丸形、菊形など形は様々。スコットランドのウォーカー社のショートブレッドは赤い タータンチェック柄の包みに入っていて、日本のお店でもよく目にすることができます。 ショートはサクサクとした軽い食感のこ...
にんじん1本まるごと入った「あずきとキャロット」のケーキ

にんじん1本まるごと入った「あずきとキャロット」のケーキ

私がお菓子作りの楽しさに目覚めたのは高校生の頃。 夕方帰宅してはお菓子を作って翌日学校に持って行き、休み時間にお友達とこっそり 食べていました(笑) そのときによく作っていたのがにんじんが入ったキャロットケーキ。 何かの雑誌で見つけて作ったところ、にんじんが入っているとは思えない美味しさ と言われてとても嬉しかったのを...
「柿とあずき」で秋味のスコーンを焼いてみました

「柿とあずき」で秋味のスコーンを焼いてみました

おやつを食べるとき、みんなが笑顔になりますよね。 お菓子を作るときも同じ、作り始めると心穏やかになっていきます。 特に焼き菓子は粉とバターの焼ける香りが幸せな空気を部屋中に運んできて くれるように思います。 小豆とフルーツを組み合わせて焼き菓子を作りたいと考えていた時に 柿がきっと合うだろうと思って、秋が来るのを楽しみ...
小豆とよもぎの和風シフォンケーキできました

小豆とよもぎの和風シフォンケーキできました

アメリカのカルフォルニア州生まれのシフォンケーキ。 絹織物のように細かく柔らかいことから名付けられています。 1927年にアメリカ人のハリー・ベーカー氏によってシフォンケーキは作られ、 そのレシピが売却されるまで20年間も中身は秘密にされていたそうです。 バターは使わず植物油を使い、ベーキングパウダーではなく卵白を泡立...
日本で生まれた洋菓子「スイートポテト」にあんこを入れてみました

日本で生まれた洋菓子「スイートポテト」にあんこを入れてみました

さつまいものことを英語でスイートポテトと言いますが、スイートポテトというお菓子 は日本で生まれた洋菓子です。 バターや生クリーム、洋酒などを使って作られるスイートポテトを少し和菓子っぽく 作ってみました。 さつまいもとあんこが主役ですので材料はシンプルに。 あんこをさつまいもで包むのがちょっと大変かもしれませんが、最後...
火を使わずに、スープジャーでゆで小豆をつくる方法をご紹介します。

スープジャーでゆで小豆

加糖しない、ゆで小豆を毎日の生活に取り入れる輪が、わたしのまわりで、どんどんひろがっています。 どんな風にゆで小豆を食べているのかと聞くと、 ・あずき茶を飲みたいから ・小豆発酵玄米ごはんをつくりたいから ・ホットケーキや蒸しパンなど毎日の子供のお菓子づくりにまぜたいから ・おつまみにおいしいから ・ちょっとだけ餡をつ...
ポリフェノールたっぷりサラダ。さつま芋も、りんごも、赤い皮をむかないのがポイントです。

ポリフェノールたっぷりサラダ

ポリフェノールたっぷりサラダいかがでしょうか。 <材料> 1人前(サラダボウル1杯分) ・ゆであずき  半カップ ・ブルーベリー(冷凍ブルーベリーでも可) 半カップ ・皮つきりんごカット  半カップ ・皮つきふかしさつまいもカット 半カップ   <つくりかた> 材料をサイコロ切りにカットして、まぜるだけ。 小...
どら焼きにほうじ茶を入れてみました

どら焼きにほうじ茶を入れてみました

子供の頃、母がお菓子を作ってくれるのを傍らからずっと眺めているのが好きでした。 母は手際よく生地を混ぜ合わせ、型に流して焼いたり蒸したりしてケーキや和菓子を作り、 そのおやつを食べることが私たち家族の日々の楽しみとなっていました。 とろっとした液体の生地がお菓子に生まれ変わっていく様子は、幼い私には魔法のように そして...
Return Top