小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

和菓子以外のあんこ

Category
「柿とあずき」で秋味のスコーンを焼いてみました

「柿とあずき」で秋味のスコーンを焼いてみました

おやつを食べるとき、みんなが笑顔になりますよね。 お菓子を作るときも同じ、作り始めると心穏やかになっていきます。 特に焼き菓子は粉とバターの焼ける香りが幸せな空気を部屋中に運んできて くれるように思います。 小豆とフルーツを組み合わせて焼き菓子を作りたいと考えていた時に 柿がきっと合うだろうと思って、秋が来るのを楽しみ...
小豆とよもぎの和風シフォンケーキできました

小豆とよもぎの和風シフォンケーキできました

アメリカのカルフォルニア州生まれのシフォンケーキ。 絹織物のように細かく柔らかいことから名付けられています。 1927年にアメリカ人のハリー・ベーカー氏によってシフォンケーキは作られ、 そのレシピが売却されるまで20年間も中身は秘密にされていたそうです。 バターは使わず植物油を使い、ベーキングパウダーではなく卵白を泡立...
日本で生まれた洋菓子「スイートポテト」にあんこを入れてみました

日本で生まれた洋菓子「スイートポテト」にあんこを入れてみました

さつまいものことを英語でスイートポテトと言いますが、スイートポテトというお菓子 は日本で生まれた洋菓子です。 バターや生クリーム、洋酒などを使って作られるスイートポテトを少し和菓子っぽく 作ってみました。 さつまいもとあんこが主役ですので材料はシンプルに。 あんこをさつまいもで包むのがちょっと大変かもしれませんが、最後...
米粉で作る「カヌレ de あずき」

米粉で作る「カヌレ de あずき」

フランスのワインで有名なボルドー地方にある郷土菓子にカヌレ・ド・ボルドーがあります。 最初は修道院で作られていたというカヌレ。ワインの製造工程で澱を取り除くために卵白を使うので、 大量に余る卵黄を利用して作られたというのがこのカヌレの始まりと聞きます。 フランス語でギザギザと溝をつけることをカヌレと言い、銅製でできた菊...
小豆とさつまいもの黒糖蒸しパン

小豆とさつまいもの黒糖蒸しパン

暑い夏は食事もおやつも冷たい物が増えてきてお腹も冷えがちですね。 冷房の入った部屋で温かい蒸しパンを頬張るとお腹から元気になる ような気がします。 蒸しパンは材料をどんどん混ぜて、型に入れて蒸すだけなので 子供と一緒に作るのも楽しいです。 蒸している間に生地が膨らんでいくのをワクワクしながら待ち、 出来立てをハフハフ言...
あずきのパンケーキ

あずきのパンケーキ

美味しい素材に出会うと何か作りたくなってワクワクします。 北海道十勝にある森田農場さんのホクホクあずきを初めて食べたとき、あずき本来 の美味しさがお豆のひとつひとつにぎゅっと濃縮されていて嬉しくなりました。 その素朴な美味しさを生かしたおやつを作りたくなって思いついたのがパンケーキ。 今回はブランチにもなりそうな素朴で...
メイカセブン「薄皮あんぱん」断面

あんこの量にびっくり!メイカセブン名物「薄皮あんぱん」

今回ご紹介するのは、和菓子ではなく「あんぱん」です。 あんぱんと言うものの、初めて見たらこれをパンと呼んでよいものか正直迷うと思います。 パン生地に包まれているから・・・パンなのでしょう。パン屋さんで売られているから・・・パンなのでしょう。 あんぱんの概念が変わるあんぱんです。 メイカセブンは、東京都江東区大島(おおじ...
Return Top