小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

ワーキングマザー向け 小豆とジャガイモの時短でほっこりスープ

ワーキングマザー向け 小豆とジャガイモの時短でほっこりスープ

私の友達の小豆農家の森田農場さんの小豆はとても美味しいのです!

ただいつも小豆で甘いものばかりをつくって食べるのでは、飽きてきたので、今日は甘くないおかずスープにしてみました。
ワーキングマザー向けに時短料理のご紹介です。

材料

• 小豆の水煮 2カップ
• 玉ねぎ 1個
• じゃがいも(あたしは男爵がほくほくで好きですが、品種はこだわりません) 2個
• ブロックベーコン 5センチ程度
• にんにくお好みで
• ミックスハーブ 塩胡椒 適量
• ブイヨンキューブ1個
• 菜種油またはオリーブオイル 大1
• 水 2カップ

作り方

1. 玉ねぎは、荒みじん切りにする。じゃがいも一口大、ベーコンは1センチ幅に切る
2. 鍋に油を入れて、玉ねぎ、ジャガイモ、ベーコンを炒める
3. およそ火が通ったら小豆と水、ブイヨンキューブ、ミックスハーブを加える
4. 塩こしょうで味を整える

小豆の水煮についてはこちら基本の煮小豆をご参照ください。
私はこの倍量を作って、煮汁と一緒に、2カップずつ冷凍して常備しています。

常備の冷凍煮小豆をつかえば、小豆は、時短料理にむいてます。
ぜんざいにするなら砂糖を加え、おかずとして食べるならこのレシピのようにそのまま使えて便利です。
小豆の効用についてはこちら小豆の栄養や効能がすごい!小さな粒に含まれるアンチエイジング効果をご参照ください。

女性にはとても優しい食材だと思います。
他の豆と違って、水に浸しておく時間がないので、便利。
ぜひ時短料理に、煮小豆をつくって冷凍ストックしてご活用していただきたいと思います。

ABOUT THE AUTHOR

くるみ
くるみ

言語聴覚士として働きながら、子育てをしてきたワーキングマザーです。医療と福祉の現場で学んだり考えたこと、忙しい中でこだわってきたきた台所の知恵、そして子育ての経験を、ワーキングマザー向けに発信しています。

子どもの明るい未来をつくるためには、お母さんが心穏やかにすごせる環境をつくることが大切と考えています。伝統の食材を活かしながら、栄養バランスよく、ささっと作れるおかんの味を提供し、おたがいさまの気持ちでの子育ての悩みや経験の分かち合い、学びを共有し深める場、くるみ亭も随時開いています。
Return Top