小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

1分でできる小豆かぼちゃ

1分でできる小豆かぼちゃ

ゆで小豆と、蒸しかぼちゃを切ってまぜるだけの、おやつ代わりレシピご紹介します。

 

小豆は、腎臓の形に似ている食材です。
そのため、腎臓の働きを高め、血液の浄化、利尿作用を促しむくみを改善するといわれます。

 

腎臓は、ホルモン系・泌尿生殖器系、免疫系とも密接な関わりがあるため、婦人科系のトラブルや膀胱炎、糖尿病予防にも密接にかかわってきます。
解毒の働きをする腎臓は、体内の水分調整や肌・髪の毛・耳・脳・骨や歯、生理機能にも影響をおよぼします。そのため、加齢で腎機能が弱ってくると、加齢の症状がでやすくなります。
なので、小豆をたべて、腎臓機能を高めるということは、アンチエイジングにも効果的につながるといえます。
また、マクロビオティックからみると、小豆は陽性の食材で、またかぼちゃは中庸の食材なので、小豆とかぼちゃをあわせて摂ると、血流改善とともに、体を温め、冷え性対策にも効果が期待できます。

 

小豆を積極的に摂って腎臓を養い、アンチエイジングにつながるメニューとして、小豆かぼちゃがあります。
一般的には、煮物として知られていますが、ここでは、「ゆでて、蒸したものを、切って、まぜるだけ」のカンタンお手軽レシピをご紹介します。
おやつがわりにも、お腹を満たす一品としてもどうぞ。

材料と分量(一人分)

ゆで小豆      50g (ゆで汁なし)
蒸しかぼちゃ 50g
干しブドウ    10~15g
はちみつ       5g (メープルシロップやアガペシロップ、米飴でも可)

 

ポイント

このレシピに向いているおすすめのゆで小豆の作り方はこちら。
保温ボトルで魔法のストック小豆
http://www.azuki.tokyo/archives/94.html
このレシピのゆで小豆は、すこし皮が固めにしあがるゆで小豆のほうがおいしいです。

 

手順

1、 蒸しかぼちゃを、スプーンで食べやすいようにダイス状に切る
2、 ゆで小豆と、1で切った蒸しかぼちゃと、干しブドウと、はちみつを合わせて、混ぜる

 
以上

 

ぜひ、デトックスとアンチエイジングのおやつとしてお試しください。
わたしは、あまいかぼちゃが手に入ると、すぐ蒸して冷蔵庫へいれておきます。

ただ切って混ぜるだけの、簡単あずきかぼちゃ。ヘルシーなおやつにどうぞ。

ただ切って混ぜるだけの、簡単あずきかぼちゃ。ヘルシーなおやつにもどうぞ。

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。
Return Top