小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

あんぱんはなぜ甘いか?

あんぱんはなぜ甘いか?

あんぱんは、どうして甘いのか?

こんな疑問をもったことありますか。

 

わたしの目の前で、小さなおこさんとお母さんが、おやつに食べるあんぱんを手にしながら、こんな会話を交わしてました。

 

息子さん 「アンパンってなんで甘いの?」

おかあさん 「アンパンの中のあんこが甘いからよ。」

息子さん 「あんこは何で甘いの?」

おかあさん 「あんこは小豆と砂糖でできてるからよ」

息子さん 「なんで砂糖を入れるの?」

おかあさん 「・・・お砂糖を入れると甘くなって、みんなが食べたくなるから、かな」

息子さん 「なんで甘いと美味しいって思うの?」

おかあさん 「砂糖は食べるとエネルギーになるものだからねぇ。人間はエネルギーがないと動けないからエネルギーになるモノを美味しいって思うようになってるんだと思うよ」

 

 

とそこに、たまたま居合わせた、別のお母さんが会話に加わってくださりました。

 

「うふふ、可愛い質問ですね!

 

『小豆はお砂糖と結びつくと、水分と栄養をとじこめたおいしい粒子にかわるからなの。

おいしい粒子というのが、あんこね。

あんこには、砂糖と、小豆のポリフェノールがはいってて、バイキンを近づけにくくしてるの。

 

そういえば、バイキンマンをやっつけるアンパンマンって知ってる?

あんぱんは、砂糖とあんこのポリフェノールでパイキンをやっつけてるのよ。

 

だから、あんぱんを食べると、おいしくって、栄養もあって、パイキンもやっつける力もあるから、元気百倍になるの。』」

 

こう教えて下さったお母さんは、実は小豆農家のお母さんということ、後から教えていただきました。

 

あんぱんはなぜ甘い?

それは、おいしく元気になる栄養とエネルギーがあり、そしてバイキンを近づけにくい食べ物だからなんですね。

 

あんこがどうして甘いか、なんて、この会話を聞くまで、わたしは考えたことがありませんでした。

小さなお子さんの質問から、あんこが甘い本質を教えていただけることになるなんて、とかたわらで聞いていたわたしは興奮しました。

お子さん、お母さんたち、会話聞かせていただいてありがとうございました。

 

『アンパンマン』は子供に人気の童話、そしてアニメです。

作者のやなさたかしさんは、ポリフェノールと砂糖がはいったあんことパンの関係を知っていて、「アンパンマン」を主役にきっと選んだのだろうとも、小豆農家のお母さんはおっしゃっていました。

(参考) アンパンマン・ボータルサイト

http://www.anpanman.jp/

この記事は実話をもとに構成しています。

お母さん リコさん

小豆農家のおかあさん 森田里絵さん(日本で一番小豆の作付面積が大きな、北海道十勝帯広の森田農場さんの方です。 http://www.azukilife.com/

挿絵もお母さんリコさんと息子さんの作画です。

構成 和田美香

 

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。
Return Top