小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

大切な友人から勧めてもらった濃い赤紫色の食べ物のおかげで、家族のつながりができました

大切な友人から勧めてもらった濃い赤紫色の食べ物のおかげで、家族のつながりができました

あんばんが好きです。

僕が、はじめてあんぱんを食べたのは、いまからおよそ20年前のことです。

日本人のまみこさんとロンドンでお付き合いしていて、日本にいるまみこさんのお義母さんに、パートナーとしてご挨拶にあがったときのことでした。
まみこさんのお義母さんは、日本語も話せない、日本の食べ物のこともよく知らない男に、娘を嫁がせるのはとても不安で心配だったと思います。
そんななか、お義母さんがおもてなしくださった最後に、あんぱんがでてきました。
お義母さんは、僕があんこの食べ方をしっていたことが、とても印象深かったそうです。
あんぱんを食べることができたことで、イギリス人の僕も、日本人のお義母さんとつながることができたと感じています。

あの大切な場面で、僕が育った環境ではまったく奇妙な色のお菓子を、うん大丈夫、と、食べることができたのは、僕の大切な友人のおかげです。

それは、まみこさんと知り合うよりも、さらに数年前のことです。
学会で初めて日本を訪れたとき、僕の友人でありメンターが、家庭料理でもてなしてくれました。
すしや、さしみ、てんぷらなど、知っている日本料理で歓待してくれたあと、奥さんが、ちょっと待っててねと、キッチンの奥から、見知らぬ変わった食べ物を運んできてくれたのです。
それは、濃い赤紫色の、どちらかというと黒っぽいもので、形は四角いものでした。

初めて見るものでした。
これを、細い棒切れで、小さく切って食べると教わりました。

色も形も、僕には、とっても奇妙な食べ物に見えました。

とまどいました。

でも、教わったとおり、棒で切って、小さいかけらを口に入れてみました。

ほんのりと甘い味でした。

さらっとした口あたりでした。

うん、まあ、大丈夫、僕も食べることができる、というのがそのときの感想でした。

いまでは、僕のなかであんぱんは、イギリスの伝統菓子プディングや、タルトタタンと並んで、好きな菓子になっています。
パンと小豆餡だけというスッキリさらりとした味わいで、二日酔いのあとでも胃にもたれない軽い甘さと風味が気に入っています。

メンターにみちびかれ小豆菓子を体験したおかげで、僕はまみこさんのお義母さんとつながることができ、そしていま、まみこさんと一緒に過ごす時間を持つことができています。

59歳 医師  ロンドン在住イギリス人の男性
2016年10月11日 神奈川県相模原市内にてインタビュー

撮影執筆 和田美香

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。
Return Top