小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

鏡開き

鏡開き

丸いお餅は末広がりで家庭円満の象徴。

もともと神さまの前に円形の鏡を飾っていますが、
お正月の神さまである歳神さまの霊力を写し取る存在として、
お正月には丸いお餅を供えるようになったことから「鏡餅」といわれるようになったそうです。
歳神さまとは、新年に高い山から降りてきて、家々にその年の豊作、
無病息災ともたらす神様です。

歳神さまにお供えした鏡餅を割ることは、大正月の終わりと、その年の仕事始めを意味します。
ただ「割る」という言葉が縁起が悪いため、「開く」という言葉が使われたそうです。
もともと20日だったこの「鏡開き」、徳川3代家光公が亡くなったのが20日だったため、
11日に変更になったとか。
だから、関東地方では1月11日が多いけれど、
その他の地方では20日に行うところが多いそうです。

武家の風俗が始まりであっただけに、切るをきらって、包丁などの刃物で切るのは禁物で、
手で割り砕くか、金づちで割り開くようにする。
歳神へのお供え物をいただくことによって、一年の一家一族の無事息災が
約束されるという意味もあり、
また食べ物をたいせつにする心がけを
見ることもできます。
鏡開きのお餅は、お雑煮やおしるこ、ぜんざいにすることが多いようです。
食物繊維が豊富な小豆には、お正月で疲れた胃腸をいたわってくれるという
役割もあります。

このように鏡開きとは家族で、又は 事始めや稽古始めに
皆で汁粉やぜんざいをいただく楽しい行事です。

編集 岡田尚子
記事提供 森田農場(株式会社A-netファーム十勝) 森田里絵様
URL http://www.azukilife.com/

ABOUT THE AUTHOR

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
Return Top