小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

赤飯

赤飯

小豆ともち米を蒸したものが赤飯です。

もち米は小豆を下ゆでした際の煮汁を浸水させます。
煮汁は冷ましてから浸水させるのですが、何度もひしゃくですくい、
酸化させてから浸水させます。
こうすると赤い色が濃くなり、美しい赤い色のご飯になります。

小豆入りの赤いご飯は神事や祝い事の席に食されてきました。
小豆を粥に入れて食べる習慣は古くからありました。

しかし、お赤飯が登場したいきさつは、別にありました。
昔は赤米(インディカ米)を常食し、、供物としても捧げていたので、江戸時代に入り、
供物や年貢米が食味のよい白米(ジャポニカ米)に変わっていっても、
魔よけの赤い色を継続させたいと、小豆と小豆の煮汁で赤く蒸すようになったのが、
今のお赤飯になります。
凶事の後の縁起直しにも、季節ごとにもお赤飯はお供えされるようになりました。

日本の絵本「おにたのぼうし」(あまんきみこ作)にも
お赤飯は春を祝う節分のごちそうとして登場します。

日本には、冬と春を分ける節分に玄関から固い豆を戸外に投げつけて
鬼を追い払う儀式があります。
「おにた」という鬼の子は、節分に住んでいた家を追い払われてしまいます。

まだ寒い2月の夜なのに、どの家にも鬼の目を刺すヒイラギが飾られていて、
おにたは入る事ができません。
しかし、一軒だけ豆まきもせず、ヒイラギもない家があります。
病気のお母さんと女の子の家でした。

母親の看病をする女の子の家は豆まきどころか、ご飯も食べられない貧しい家でした。
それを知ったおにたは、どこからか食べるものを手に入れてきます。
角を隠すために麦わら帽子を深くかぶって、はじめて人の前に姿をあらわした
おにたは「節分のごちそうが余ったんだ」
と女の子にお盆にのせた食べ物を差し出します。

その時にお盆にのっていた食べ物が「お赤飯」と「緑色の豆の甘煮」でした。
温かい赤いご飯に思わず微笑む女の子・・・
人に追い払われるおにた、冷たい水をくむ女の子、
悲しく寒い冷たい描写が続くなかで、
お赤飯を食べるこの場面だけが、ぬくもりを感じさせてくれます。

神聖な赤い色をしたこのお赤飯は、日本ではコンビニでおにぎりとして、
スーパーでもデリ惣菜として
売られています。
手軽に日本古来の定番メニューであるパワーフードをお楽しみいただけます。
お赤飯はぜひ、温かくしてお召し上がりくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
Return Top