小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

どらやき

どらやき

打楽器の銅鑼に形が似ていることから名づけられた「どらやき」

一説では、武蔵坊弁慶(平安後期 源義経が郎党の僧兵)が傷の手当をしてくれた民家にたいして
小麦粉を水でとかし、熱した銅鑼で焼いてものに、あんこを包んでふるまった菓子が起源であるとも
言われています。

現在の二枚の小さなパンケーキ風の生地に小豆餡を包むスタイルは、
東京は上野にある老舗の和菓子店
「うさぎや」にて考案され、
全国に広まっていきました。

関西では奈良の三笠山に似ていることから、「三笠」とも呼ばれています。
藤子不二雄漫画「どらえもん」でも、ドラえもんの大好物として有名ですね。

日本の生地には小麦粉や卵の他、はちみつとみりんが入るのが特徴です。
パンケーキの様に、フライパンで生地を 丸く弱火で焼きます。
2枚一組にして、小豆餡をはさんで出来上がりです。

高級和菓子の分類ではありませんが、生地・餡ともにこだわりのある和菓子店が多く存在します。

「うさぎや」
住所   東京都台東区上野1-10-10
電話番号 03-3831-6195
URL  http://www.ueno-usagiya.jp/

「すずめや」
「すずめや」紹介記事へ

コンビニにも必ずあります。それだけ日本には どら焼きファンは多く存在するのですね。

ABOUT THE AUTHOR

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
Return Top