小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

AGEもこわくない、超健康あんぱんレシピ

AGEもこわくない、超健康あんぱんレシピ
2018年5月27日(日)鎌倉にて開催される小豆イベント「お腹いっぱい小豆をたべて健康美人になろう」のなかで、第2部 あんぱんづくりワークショップをおこないます。
イベント案内URL ↓ ↓
ワークショップ内で使用するあんぱんづくりの、材料と、手順を、こちらの記事でご案内します。
AGEを徹底して配慮したあんぱんは珍しいですね。
最後は、焼かずに、蒸しレシピになります。

<材料>

全粒粉 400g
甜菜糖 32g
塩 7.5g
ホシノ天然酵母 生種 30g
30度の、お湯 200cc

<手順>

1、すべての材料をボールのなかであわせ、手越ね。
2、30度で一次発酵 4時間半
3、ガス抜きのあと 成形。
4、2次発酵 2時間
5、最終発酵
6、蒸し14分
くわしくは、ナビゲーターからの解説をお楽しみに。
なお、成型時に使用する餡をあらかじめつくっておきます。
餡づくりのためのレシピは、下記記事群のなかからご覧ください。
(失敗対策もご案内しています)。

5/27の鎌倉での小豆イベントのなかで行うワークショップ「超健康あんぱんづくり」の試作。全粒粉100%をつかって、天然酵母でふくらませるパン生地って、こんなにおいしかったっけと、試作品が口にとびこんでゆきます。かなり本格的な内容のパン教室です。

レシピ提供

あんぱんづくりワークショップ担当 ナビゲーター
山田 太郎
有名ベーカリーで店長代理で製パンの責任者を勤めておられたときのパン職人さんのご経験を、今回伝授いただきます。

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。
Return Top