小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

アンコマンないとに行ってきた

アンコマンないとに行ってきた

和菓子とお酒と音楽のイベント「アンコマンないと」のご紹介です。

松崎さん。提供してくださるご当主さんたちも撮影に応じてくださります。有名店の店主さんなので、日ごろお目にかかれない方とお写真タイムなんて、よりいっそう和みますね。

松崎さん。提供してくださるご当主さんたちも撮影に応じてくださります。有名店の店主さんなので、日ごろお目にかかれない方とお写真タイムなんて、よりいっそう和みますね。

銀座有名菓子店の若いご当主たちが、和の菓子をもっとたくさんの方に楽しんでいただきたいと企画され、2016年11月からはじまったイベントです。

一緒に参加しようと誘った友人は、和菓子と音楽との組み合わせだと紹介したら、三味線や琴とか尺八な正月のような雰囲気の邦楽が、バーで演奏されるのかと想像したとのこと。
違うよ、ダンスミュージックだよと訂正すると、その組み合わせにびっくりし、異質な取り合わせにすぐ「行く行く」と喜んで返事をくれました。
和菓子というと、まだお堅いかしこまった印象があり、そんな心象風景から音楽ジャンルについて連想が引きずられたのですね。

イベントに参加してみて、ダンスミュージックと和菓子とお酒の組み合わせは、今まで出会ってこなかったなかったのは何故かなあと不思議に感じるぐらい、それぞれがしっくりと馴染んでいるイベント空間でした。

DJトップバッターのhiroさん準備中です

DJトップバッターのhiroさん準備中です

あんこや和菓子が好きなあなた、もし、アンコマンないとがある日に、東京にいらしたら、ぜひ気軽に立ち寄ってゆくことをおすすめしたく、イベントの中身ご紹介したいと思います。

 

イベントのルール

vol.8のイベント会場、現バーでは、飲み物は、一杯づつ奥のカウンターで注文し、都度お金を払う方式でした。
スイーツとイベント入場料は無料です。

提供いただくスイーツの数には限りがあるので、譲りやって取り合わないようにいただきます。

 

菓子とDJにタイムテーブルがある

アンコマンないとvol.8(2017年1月18日)の進行表 それぞれの時間帯にあたらしい菓子を紹介くださるので、どの時間に行っても、新しい菓子に出会える楽しさがあるよう工夫いただいてます。

アンコマンないとvol.8(2017年1月18日)の進行表 それぞれの時間帯にあたらしい菓子を紹介くださるので、どの時間に行っても、新しい菓子に出会える楽しさがあるよう工夫いただいてます。

vol.8では、19時スタートから19時40分まで、空也の5代目ご主人山口さんがDJを担当され、そのとき同じ時間帯に提供されていた菓子が、空いろさんからの「あんこパイ」でした。

このように、提供される菓子屋のご主人が選曲しDJされてるダンスミュージックを聴きながら、踊りながら、そのご主人の菓子をいただく、今まで無かった体験空間です。

 

菓子紹介

空也もなかと、ドライフルーツ羊羹

空也もなかと、ドライフルーツ羊羹

この日提供いただいてた一例ご紹介します。

・空いろさんから--あんこパイ

・木村屋総本店さんから--あんぱん2種

・木下製餡さんから--白い絹のお汁粉

・銀座松崎煎餅さんから--おかき数種類

・wagashi302さんから--あんたま

・空也さんから--空也もなか

・wagashi asobiさんから--ドライフルーツ羊羹

などなど

新しい菓子がテーブルにやってくるたびに、女性陣から、わーっと大きな歓声があがり、いっそう盛り上がってました。

 

白いお汁粉。これをとっても気に入っている友人が複数。さくらの塩漬けがほんのりかおるのが粋な味でした。

白いお汁粉。これをとっても気に入っている友人が複数。さくらの塩漬けがほんのりかおるのが粋な味でした。

一緒に行った友人の感想

・いつも営業さん用の手土産を手配しているだけで食べたことがなかった空也もなかをやっと初めて食べた!
・あんこ達が美味しく可愛らしかった!

・ DJサウンド踊ってるの楽しかった

・日曜日の手土産みつけた!

 

楽しむためのおすすめポイント2つ

①もしお酒が飲めなくても、ソフトドリンクも充実してるので、お酒が飲めない方も心配しないでください。
たとえば抹茶もありました。

②和菓子好きな仲間と行くと、きっとより盛り上がります。

共通の話題が目の前につぎつぎとやってくるので、これから打ち解けたいけどという方が和菓子好きならなおグッド。

そんな方といっしょにゆくと、きっととっても仲良くなれます。

ダンスとお酒と和菓子のコラボを楽しむ時間、あなたもどうぞ。

 

イベントはどこでチェックするか

イベントは不定期開催で、会場も都度かわります。
行ってみたい方は、フェイスブックのアンコマンないとのページをチェックしてみてください。
https://www.facebook.com/groups/1128669040521919/

2017年末に開催された当イベント様子がテレビ番組でも紹介されていました。
雰囲気や、イベントの趣旨も、こちらでご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=RD6tmypKaRA&feature=share

執筆 和田美香

あんこパイを手に友人たちとしゃべくってるわたし

あんこパイを手に友人たちとしゃべくってるわたし

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top