小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

小豆とさつまいもの黒糖蒸しパン

小豆とさつまいもの黒糖蒸しパン

暑い夏は食事もおやつも冷たい物が増えてきてお腹も冷えがちですね。

冷房の入った部屋で温かい蒸しパンを頬張るとお腹から元気になる

ような気がします。

蒸しパンは材料をどんどん混ぜて、型に入れて蒸すだけなので

子供と一緒に作るのも楽しいです。

蒸している間に生地が膨らんでいくのをワクワクしながら待ち、

出来立てをハフハフ言いながら食べるのが至福の時。

子供は美味しいものをよく知っています♪

 

<小豆とさつまいもの黒糖蒸しパンのレシピ マフィン型8~10個分 >

薄力粉 100g

米粉  100g

ベーキングパウダー 小さじ2

卵 2個

黒砂糖(顆粒状のもの なければきび砂糖) 120g

牛乳または豆乳 80g

油(菜種油、太白ごま油、米油など) 大さじ2

ゆであずき 200g

さつまいも(皮をたわしでよく洗ってから加熱したもの) 100g

 

<作り方>

① ボールに卵を入れて、黒砂糖を加えて泡立てで混ぜます。

② ①のなかに牛乳を入れて混ぜます。

③ 黒砂糖がきれいに溶けない場合は漉し器で濾します。

④ 合わせてふるっておいた薄力粉、米粉、ベーキングパウダーを③の中に入れて泡だて器で混ぜます。

⑤ 油を加えて泡だて器で混ぜます。(今回は米油を使いました)

⑥ ゆで小豆を加えてゴムべらでさっくり混ぜます。

⑦ 加熱しても大丈夫な金属のカップにマフィンの紙やフィルムを敷いて生地を8分目まで流し込みます。

⑧ 電子レンジで加熱したさつまいもか、茹でたさつまいもを好みの大きさに切って上に乗せます。

蒸している途中に持ち上がってこぼれてくるので、お箸などで軽く押さえ込むといいです。

⑨ 中火で12~16分蒸します。竹串で真ん中をさしてみてしっとりとした生地がつかなければOKです。

専用の蒸し器を持っていないのでルクルーゼの鍋にお水を張り 好きな大きさに広がる蒸し型をセットして使っています。

ふたに水蒸気が溜まり、開けると内側に水滴が垂れるので、ふたを布巾で包みます。

蒸す前

蒸し上がりをすぐに頂くのがお勧めです! 食べきれない分は冷めてからラップして翌日 電子レンジで温めると蒸し立てのようになります。

大きめのマフィン型でも蒸してみました。 こちらは蒸し時間17分かかりました。

 

ABOUT THE AUTHOR

Tomoko
和スイーツプランナー
フランス語とフランス菓子に憧れて20代でパリへ留学。
アメリカのシカゴで2年間転勤生活を送った際に和菓子        のない生活に寂しさを感じ始め、和菓子への興味が出てくる。
その後妊娠中の食事制限と産後の体調不良に悩まされ、
そんなつらい時期に心身を癒してくれたのは素朴な和菓子の
存在でした。
和菓子と洋菓子を融合させた新しいデザートを作りたいという夢を
持っています。
Return Top