小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

輪島 えがらまんじゅう

輪島 えがらまんじゅう

輪島の朝市に行ってきました!
輪島、朝市と言えば魚の干物とか、輪島塗のお椀とかお箸とか、そういうのが目白押しなイメージですね!行ってみると実際そうだったのですが、そんな中で見つけましたよ!輪島の郷土菓子。その名も
「えがらまんじゅう」
気が付いたら一緒にいた人数分のお饅頭を、食いつき気味に「食べ歩きでっ!」と店先のおばちゃんにオーダーしていました。

えがら饅頭というのは練った餅米で漉し餡を包み、クチナシで黄色く色を付けたもち米をたっぷりまぶして蒸あげたお饅頭だそうです。平たい小判形で、大きさも形も、まるでコロッケみたい。

餡は十勝産の小豆で作った自家製だそうです。「今日もこの後、あんこ炊きます」っておっしゃってました。
1個150円。
「良かったら裏で食べて行かれますか?お茶も用意してますからどうぞ」

そう言われて、お店の後ろにある建物でお饅頭を頂きました。
建物内はちょっとした椅子と、お茶の道具が置いてありました。お茶は自分で淹れるスタイル。

お饅頭はホカホカです。断面を見ると、餡を包んであるお餅よりも、その周りのもち米の方が厚みがあるんですね。
そして食べると、あんこの甘みはあっさりしてるのでしょうが、温かさで甘みを強く感じます。お餅はあまり強くはのびない感じ。そして、周りのもち米のプチプチ感がすごい!
これは楽しい!

このお饅頭は、玄米茶の香ばしさととってもよく合います!あっという間に食べてしまいました。
初めて食べたのに、懐かしいようなホッとするような、素朴で力強いお饅頭でした。

<饅頭処 つかもと>
〒928-0001
石川県輪島市河井町朝市通り
TEL.0768-22-0672
FAX.0768-22-9955
http://www.egara.128.ne.jp/

ABOUT THE AUTHOR

Shizu
帰らない京都観光客、こと、shizuです。

福岡県生まれ、京都在住20年。
15歳で初めて京都に来て以来、毎年京都を訪れるようになり、結局住みついてしまった京都中毒患者。
旅するように暮らしながら、日々観光客目線で京都の街を楽しんでいます。
Return Top