小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

小豆サルサ

小豆サルサ

夏の気候に合わせて楽しみたいパクチーとレモンがきいたサルサです。
料理家の豊田亜希子さんレシピのパクチー醬油と
小豆、トマト、玉ねぎで和えて、ささみの鶏ハムにかけます。

小豆サルサ 材料

煮小豆 70g
パクチー醤油  大さじ2
紫玉ねぎ(又は玉ねぎ) 50g
トマト 100g(中1こ)
レモン汁 大さじ1
塩 小さじ1/2

<ささみの鶏ハム>
鶏のささみ 5本
塩 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
水  大さじ1
1.塩・砂糖・水を混ぜて、筋を除いたささみを漬けます。
2.5~6時間後、30分ほど水につけて塩分を抜き、
水気をペーパーでふき取る。
3.1本づつラップで巻いてセロテープで留めたら、
沸騰したお湯で、5分茹でて自然冷却させる。
4.粗熱が取れたら、輪切りにする。

小豆サルサの作り方

1.トマトは横半分に切り、種を小さめスプーン等で取る。


粗みじんにする。

2.玉ねぎはみじん切りにする。

3.ボウルにすべての材料を入れてよく混ぜる。
しばらく時間をおいて味をなじませる。

4.輪切りにした鶏ハムと一緒にクラッカーやバゲットにのせて
頂きます。

冷やしたスパークリングと楽しむazuki主宰イベントが2017年7月16日に
鎌倉の古民家「イシワタリ」で開催されます。
小豆サルサと鶏ハムオードブルとスパークリングワインを試してみたい方、
ぜひ、ご参加くださいね。

詳細はこちら から

ABOUT THE AUTHOR

岡田尚子
美と食のライター・料理人
おいしい!という笑顔のために、味だけでなく、
料理の演出も含めた提案が得意。
味覚が繊細な方向け定番レシピだけでなく、組み合わせにこだわらない
アレンジレシピへのチャレンジが好き。
和菓子は美につながる食として注目している。
料理人魂からおいしい和菓子店に出会うとまねて作りたくなり、また広めたくなる性分。
Return Top