小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン

女性に嬉しいあったか薬膳スイーツ。【焼き麩ぜんざい】【成城 あんや】

女性に嬉しいあったか薬膳スイーツ。【焼き麩ぜんざい】【成城 あんや】

寒くなってくると、あったかい、ぜんざいが食べたくなります。

 

筆者は、以前からずっと、「草餅があるのに、なんで草餅ぜんざいって、どこにもないんだろう。鉄分補給とか、女性に嬉しいパワースイーツなのにー」とずっと探していました。

 

見つけましたよ!

 

成城にある「あんや」さんの、「焼き麩ぜんざい」。

あんこが大好きなわたしにぴったりで、大満足の味でした! あんとの相性が絶妙です。

 

焼かれた草餅麩が、ぜんざいの上にのせられ、茶房で供されています。

 

よもぎと、ぜんざいがくっついている菓子を見つけられたのが嬉しくて、いただいてきました。

 

草餅は、よもぎを使った薬膳スイーツ

 

草餅は、よもぎを使っていてます。

よもぎと、小豆とあわせた食べ物として、よもぎ餅や、草餅、草餅麩は、女性に嬉しい効能がつまっています。

 

たとえば、よもぎには、ほうれん草より多いビタミンAが含まれていて、また鉄分もレバーより多く含まれています。

これと、小豆の、ビタミンB1や、ポリフェノールとあわさると、美肌や、冷えとり、鉄分補給に、より嬉しい食べ物になります。

 

成城あんやさんの工夫

 

よもぎ麩を焼いたぜんざいは、めずらしいです。

 

成城あんやの開発ご担当者様 堀様に、どうして草餅麩とぜんざいがあわさったか、おききしてみました。

 

いろどりがよかったから、とのお話し。

 

たしかに、赤い器と緑の草餅の色あいが、見た目にもすごく特別感と、パワーをあたえてくれます。

 

そのうえ、白玉やお餅にくらべて弾力がある食べ応えになっています。

 

材料も、吟味された小麦グルテン、砂糖、もち粉だけが使われた麩で、餅焼き網でこんがり焼くと、小麦たんばくの風味が増し、生麩をつかった麩饅頭とはちがったあんとの相性が楽しめることを狙ったのだそうです。

 

そのため、冬はもちろんのこと、夏でも人気のメニューにランクインしているのだとか。

 

麩は、餅よりも、焼き網にくっつくのがやっかいだけれど、思いのほかお客様から好評をいただいる声にこたえようと、厨房スタッフも一生懸命に焼いてくださっているとのこと。

 

茶房で、焼き麩ぜんざいを注文したら、ちょっぴり待ちます。

 

でも、その間に、こんがりいい香りのよもぎをいいあんばいに焼いてくださっていると思うと、待つ時間もごちそうになりますね。

 

ちょっと元気になりたいなあ、パワーが欲しいなあとおもったら、女性に嬉しいあったか薬膳スイーツを、どうぞ。

 

【成城 あんや ご紹介】

成城 あんや

157-0066 東京都世田谷区成城6-5-27

電 話 03-3483-5537

小田急線成城学園前駅 北口または西口より徒歩1分

http://www.seijoanya.com/access.html

 

ABOUT THE AUTHOR

Azuki編集部編集長和田 美香
むくみやだるさで仕事も子育ても苦しかったとき、小豆玄米ごはんや、オリジナルの小豆シリアルを毎日食べることで、調子をとりもどす経験をする。もともと美容業界で働いていており、内面から輝く美容には、毎日の食も大切と実感していたことから、小豆のよさを世界の女性に伝える大使としてAzuki.tokyoの活動を始める。
Return Top